低血圧気味で怠い身体を起こそう~NO低血圧~

Healthy Food

併用していく

心筋梗塞の改善に食事療法とEPAの服用を考えよう

心筋梗塞が発症するにあたって、生活習慣の中にある基礎的な要因には、食べ過ぎや運動不足があります。ファーストフードなどを例にとってもわかるように、昔にくらべ味付けの良い食べ物が増えてきました。根底にあるそのような要因から動脈硬化発症へとつながっていきます。動脈硬化から二次的におこる病気のなかには心筋梗塞などの血栓病や血管病があります。心筋梗塞罹患された患者は少なくありません。そして、今の取組の中には食事療法があります。様々な薬もありますが、サプリメントだとEPAの服用がおすすめとされています。薬によっては、LDLコレステロールをさげてしまうことにつながるものもあるので、飲むときにはきちんと調べておく必要があります。食事療法や薬物療法の併用を考え、プラークの形成を抑えることで心筋梗塞発症予防にもかかわっています。

発症予防のために何が有用なのかをネット情報から学ぼう

心筋梗塞患者が多い理由の中には、肉類など脂肪分が多い食事を好んで食する形態があります。逆に魚をたべる習慣が少なくなっています。根本的に心筋梗塞の発症を減らすためには、まず動脈硬化を予防することが必要となります。今の時代の中で取り組まれているのが栄養学や食事メニューを考えることであり、そうすることは非常に有効で今後の発症を抑えたり、減らしたりすることにつながるのではないでしょうか。魚食と心疾患の関係という演題で貴重な報告もあります。魚に含まれるEPAやDHAなどの成分が動脈硬化発症を抑えることを理解し、今まで習慣化されてきた肉食から魚食への変更を考えないといけません。EPAやDHAなどの成分の説明とそれらの成分が心筋梗塞や動脈硬化の発症を抑えることに関係しているという内容のホームページは多くあります。そういったホームページをみて勉強することや栄養学から今後の食事内容を考えることは非常に参考になりますのでぜひ今後の取り組みの中に入れていきましょう。